electroloom

electroloom_c

服をデータから出力できる3Dプリンターが登場しました。アメリカのElectroloomという3Dプリンターです。

特殊な硬化性の糸を出力し、服を編み上げる様に造形していく様です。

アパレル分野での3Dデータの活用は一部ではすでに進んでおり、Marvelous Designerの様な衣服シミュレーターもあります。

これは、柔らかい布の表現を、物理計算に基づいて精密に表現できるツールです。新作のスカートのドレープは、実際に歩くとこういった見え方をする、といったシミュレーションをデータ上で行うことができます。使用方法も簡単で、illustratorなどで作成したパターン(服の設計図)を、身体の各部位にあてはめ、材質を選ぶだけです。デザイン画やパターンを起こしながら、簡単に精密な完成予想図が出来てしまうのです。

こういったデータを、今回発表された服を出力できる3Dプリンターと組み合わせれば、デザイン画から、完成予想図ではなく完成品、服そのものが出来てしまいます。

扱える材質の制限や色の再現性の問題など、服用3Dプリンターには課題があるでしょう。しかし、デザイナーやパタンナーの理想の具現化をより手軽に、してくれることは間違いないです。

(執筆者 3DCADデザイナー 3DCM株式会社)