adobe_3d

米Adobe Systemsは16日、「Photoshop CC」のメジャーアップデート機能として3Dプリント機能を搭載した、と発表しました。

3D形状データの編集、新規作成、メッシュ編集、3Dプリンター用の支柱作成などが行えるようです。

MayaやMaxなどのプロユースの3Dツールにはもちろん及びませんが、3Dプリンター出力前の補正、簡易ビューアーとして最適です。今まで3Dを敬遠してきたadobeユーザーにも嬉しいニュースです。

あくまで私見ですが、3Dツールのデザイナーはデザインセンスに乏しい人が多いです。デザインの形状線やメッシュ構造など数字的な情報ばかりにとらわれすぎて、メカニカルなエンジニアになりがちです。

対してphotoshop、illustratorなどを使用する画像、web、紙媒体、イラストなどいわゆる2Dデザイナーのデザインレベルは、やはりそれ相応に高い、という印象があります。

3Dデザイナーがエンジニアよりだと、生み出される3D造形物もエンジニア好みのモノ、フィギュアやマニアックなメカなどが多くなりがちです。それでは、せっかくの3Dプリンターも、一部のマニアのための高価なおもちゃに過ぎません。

より大衆受けする、親しみやすい、高いデザインセンスを持つ、彼ら2Dデザイナーの3Dプリンティング事業への参入を大いに期待します。

(執筆者 3Dエンジニア 3DCM株式会社)

Adobeのホームページ(英文)
http://www.adobe.com/